ページの先頭です

博多 辛子めんたい かに しゃけ 海産物 オンラインショップ 大吉

創業明治25年博多海産物問屋いないし

ホーム

お問い合わせ

FAXでのご注文

明治25年の創業以来、一世紀を超え「海の恵み」を食卓にお届けしてきた海産物問屋の老舗『稲石商店』が一般のお客様に直接食材をお届けするためにブランド 大吉<株式会社大吉> を設立いたしました。

博多辛子明太子

ずわい・たらば蟹

北海道 紅鮭

明治から受け継ぐこだわりの味と質

いないしについて

明治25年、稲石兎毛吉が福岡市内の旧千歳町(対馬小路)で鮮魚の取り扱いを始めたのが、当社の興りです。以来、戦中の混乱期や、バブル崩壊など、時代の荒波に揉まれながらも、その都度お取引先様の温かいご支援に支えられ、今日まで事業を続けてくることができました。
関係各位に対し、深く感謝申し上げる次第でございます。

近年、食品産業をめぐる環境は大きく変わりました。産地偽装問題や安全性の問題など、業界の過当競争が進む中、消費者への安全・安心がなおざりにされてきた感がございます。 稲石グループが、創業当時より守り続けている「安全・安心な食品を、継続的に食卓にお届けする」というポリシーは、今の時代、食を預かる企業にとって、ますます重要な責務になってきていると実感しております。

無添加の辛子明太子を草分け的に製造・販売してきたこと、安全・品質基準について大変厳しいグリーンコープ連合様に、二十余年に渡りご採用いただき続けている実績などは、目先の売上や利益を伸ばすという発想では、到底成し得なかったことだと思います。

これからも、日本の食を守る担い手としての自覚のもと、これまで積み上げてきた信頼を損なうことなく、より一層強固なものとするため、稲石グループは、日々精進してまいります。

現在当グループは、株式会社 稲石が主に問屋様に向けた卸売りを、株式会社丸惣が生産と加工を、株式会社大吉が新技術・新業態の開拓を担当し、三社一丸となって日々邁進しております。

会社概要

株式会社 大吉

〒812-0881 福岡市博多区井相田2-6-8
TEL 092-573-7098 
FAX 092-501-8580

設立:平成17年2月9日
資本金:1000万

お問い合わせ

主な事業内容

食品加工技術の研究・開発
食品の販売

主な取引先

(株)丸惣、(株)サンリッチ 他

株式会社 丸惣

〒812-0881 福岡市博多区井相田2-6-8
TEL 092-573-7098 
FAX 092-501-8580

設立:昭和54年8月7日
資本金:5600万

主な事業内容

海産物加工
そうざい製造業
魚介類販売業
食品の冷凍又は冷蔵業

主な取引先

(株)ショクリュー、(株)極洋、
(株)マリネット、(株)土田海産、
生協連合会グリーンコープ連合

株式会社 稲石

〒812-0034 福岡市博多区下呉服町8-15
TEL 092-271-4716
FAX 092-281-1471

創業:明治25年
設立:昭和26年8月5日
資本金:2300万

主な事業内容

海産物卸売・小売
海産物加工

主な取引先

(株)うおいち、(株)極洋
(株)藤井水産、
生協連合会グリーンコープ連合
伊藤忠商事蝓▲肇スイフーズ(株)

沿革

明治25年 稲石兔毛吉、旧千歳町(博多区対馬小路)にて鮮魚の取扱いを始める。
昭和17年 稲石兔毛吉死去に伴い、稲石幸助継承。
昭和19年 戦中一時休業。
昭和21年 現在地において海産物加工、販売を主力に再開。
昭和26年 株式会社稲石商店設立。稲石幸助、代表取締役就任。
昭和49年 稲石幸助死去に伴い、稲石初子、代表取締役就任。
昭和52年 コンピューターによるOA化を推進。
昭和54年 当社加工部門として、株式会社丸惣を設立。
昭和59年 稲石初子代表取締役会長、稲石智助代表取締役社長に就任。
平成12年 稲石智助代表取締役会長、稲石幸雄代表取締役社長に就任。
平成17年 新技術・新業態の開拓及び販売部門として、株式会社食品技術研究所を設立。
大吉ブランドの商品を開発。販売開始。
平成26年 株式会社稲石商店を株式会社稲石に社名変更。
稲石幸雄代表取締役会長、稲石智一代表取締役社長に就任。
平成27年 株式会社食品技術研究所を株式会社大吉に社名変更。

(C)CopyRight All Right Reserved by InaishiGroup